蜘蛛ですが、なにか?4(漫画版) 漫画:かかし朝浩 原作:馬場翁 キャラクター原案:輝竜司 感想

蜘蛛ですが、なにか?4(漫画版)
漫画:かかし朝浩
原作:馬場翁
キャラクター原案:輝竜司 感想

4巻もいいかんじ!
主人公の成長物語っていいですよね! 王道っぽい!

以下、ネタバレを含みます!

いきなり出現したエルローゲネソーカ!
ゲネソーカかっこいい! そして、とても強そう!
それに比べてエルローゲネラッシュやエルローゲネセブンはかわいい…
本当にここから進化してゲネソーカになるのかな…?

そういえば、またもや進化しましたね!
ゾア・エレってすごい強そうな名前!
あと、進化する際に安全策を講じるあたりが「さすが蜘蛛子!」って感じです!
あんまり知能の高くないモンスターたちは進化する際にあんまり気にしないで進化しているのかな?
それだと進化する際にやられちゃうモンスターもいそう…

そして並列意志を獲得したことによりちょっとにぎやかになりました!
1人なのに会話しているってなんだか不思議!
さらに増えて魔法も使えるようになり、叡智やら邪眼やらでどんどん強くなる蜘蛛子…! たしかにこれならそこら辺のモンスターには負けないかも!

このスリリングかつ主人公がどんどん強くなっていく感じは金庸の作品をちょっと思い出します!
あ、表紙の肉が美味しそう!
そしてその肉を奪おうとしているっぽいカエルに少しくすっときます…

■帯の紹介
——————————
蜘蛛子超絶進化で姉妹誕生!?
強敵を倒した蜘蛛子が再び進化。
今度は新スキル「並列意志」の獲得で蜘蛛子の思考が二人分に!?

シリーズ累計70万部突破!!
——————————
これもいつの帯だか不明ではありますが、すでに70万部!
これはすごい!
5巻の帯ではさらにすごいことになっていそう…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です