蜘蛛ですが、なにか?10 著:馬場翁 イラスト:輝竜司 感想

蜘蛛ですが、なにか?10
著:馬場翁
イラスト:輝竜司

面白い!
段々と世界の秘密が明かされていきますね!
今後の展開も楽しみです!

以下、ネタバレを含みます!

システムを破壊するみたいですね!
ただ、破壊しちゃうとかなりの人が死んじゃうらしい?
自分の救いたい人を救うためなら他の人を殺すこともいとわない・・・
白ちゃんも邪神になりつつある?
でも、戦争では実際に味方を救うために敵国の兵士を大量に殺して英雄になるみたいな話も聞きますし、邪神とまでは言えないのかも・・・?
ずっとこの世界を見守ってきたギュリギュリが知ったら確かに反対するでしょうね・・・
白ちゃん、魔王、ギュリギュリ、みんな自分の守りたいものを守るのですね!
そう考えるとポティマスって何を守りたいのでしょうか・・・?
自尊心とか・・・?

今回の表紙は魔王がメインでしたね!
主人公のはずの白ちゃんがすごい小さい・・・
あとカラーページのメラゾフィスがかっこよかったです!
でも、アサカとクニヒコにとっては恐怖の対象だったでしょうね・・・

そういえば、ステータスの恩恵かな?
すごく強そうな人物でもそんなに筋肉質じゃないですよね?
私の中でアーグナー様はかなり筋肉質のしぶいおじ様を想像していたのですが、実際の挿絵だとちょっと老獪な感じ・・・

次巻も楽しみです!
また白ちゃんが大活躍してくれると嬉しいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です