薬屋のひとりごと9 日向夏 illustrationしのとうこ 感想

薬屋のひとりごと9
日向夏
illustrationしのとうこ

壬氏は羅門とちょっと似ている?
猫猫が壬氏にイライラする理由と放っておけない理由が分かったような気がします!
壬氏に求められて猫猫もまんざらでもないのかな?
二人は距離を徐々に詰めていっているようですので、くっつくのも時間の問題かも!
そして壬氏は被虐趣味があるのでしょうか・・・
はたかれることを所望するとは・・・
腹に焼き印を入れたのも案外喜んでやっていたのかも・・・
かといって猫猫に加虐趣味があるわけでもありませんし、実際ドン引きしてましたね・・・?
二人の関係が今後どうなるのか気になりますね!

雀さん結構好きです!
あの自由な感じがいいですよね!
雀さんの行動にはにやにやさせられっぱなしでした!
特に羅漢の毒見役をやっている時、がつがつ食べているシーンはかなり笑えました!
西都でも雀さんは一緒のようですし、楽しみです!

そして羅漢も好きです!
雀さん以上に自由人で、すごい魅力的です!
それに加えてすごい才能の持ち主!
ぼやの犯人を見抜いたのはすごかったです!
状況によっては猫猫や羅門以上に名探偵なのでは?

羅の一族は本当にすごい人ばっかりですね!
羅漢は人を見抜き、羅門は天才、羅半は数字に強いけど、猫猫は・・・?
好きなものへの執着はすごいけど、すさまじい才能があるわけでは無い気がする・・・
いや、知的好奇心が旺盛で自分の体で人体実験とかもしてますし、これは将来すごい薬を作り出すかも!

最近猫猫の周りは濃い人ばっかりな気がする・・・
雀さんに、桃美、天祐・・・
というか影の薄い人は猫猫に記憶してもらえず、名前もあんまり出てきませんからそう思えるだけかな?

そういえば、また陸遜さんが出てきましたね!
陸遜さんは左遷させられていたのです・・・?
人の顔を忘れないという特技で羅漢さんの副官をやっていましたし、かなり有能そうなイメージがありましたが、どうなのでしょうか・・・
金の流れがおかしいことにも気づきましたし、左遷というより色々さぐらせる目的で西都に残してきた可能性も・・・

結局、西都では何が起きているのか気になりますね!
多く申告してわざと税を多く払う理由って・・・?
相手に気づかれなければ賄賂とは呼べませんし、わざわざこんな方法で多く払う理由もない・・・
羅半なら気づけるのかな?
10巻に期待ですね!

やっぱり猫猫はかなり整った顔立ちをしている気がします!
表紙の猫猫は美人さんだと思いました!
でも、二十歳には見えませんね・・・?
ちょっと幼い顔立ちなのかも?
というかしのとうこさんのイラストが綺麗だから猫猫も美人に描かれているのでは・・・?

まるで旅をするが如く登場するキャラクターが移り変わっていく・・・
猫猫の生活する環境がどんどん変わっていきますから、仕方のないことなのかもしれませんが、以前は頻繁に登場したキャラクターがあんまり登城しなくなるのはちょっと寂しいですね・・・?
後宮にいたころは翡翠宮の三人娘や小蘭に翡翠、花街の薬屋に戻った時には左膳や趙迂や右叫が良く登場してましたね!
最近はちょろっと登場するくらいか、名前だけの時も・・・
小蘭はもはや名前すら登場していない気がする・・・
今回もまた翡翠を思わせるようなシーンがありましたが、また登場することはあるのかな?
猫猫、小蘭、翡翠のやり取りがまた見たいです!

玉鶯は何を企んでいるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です