薬屋のひとりごと6 日向夏 illustration しのとうこ 感想

薬屋のひとりごと6
日向夏
illustration しのとうこ

続きが気になります!

結局猫猫と壬氏の結婚はどうなったのです・・・?
そもそも皇弟である壬氏の誘いを断ることはできるのでしょうか・・・
直接言葉にはしていませんから、そもそもプロポーズしていないってことにすれば行けるのかな?
ちゃんと断る道を用意しているあたり壬氏は猫猫のことをとても大事に思っているのですね!
なんだかんだ仲良しですし、二人には結婚してほしい!

里樹妃の方はどうかな?
里樹妃と馬閃にそれぞれ一年の猶予が与えられたわけですから、お互いの合意があれば結婚できそう!
現帝は里樹妃のことを思って色々とよくしてくれますね!
惹かれ合う二人がこれで結婚出来たらいいな!

白娘々はかなり悪い人物だったみたいですね・・・
アヘンを配ったり、里樹妃を陥れたり・・・
キャラクターデザインは結構好きなのですが、こうも悪い人物だと心を入れ替えたりできるのかな・・・?
そもそも白娘々も以前は容姿でだいぶ悩んでいたようですし、色々とあったのかも・・・
白娘々の過去話とかないかな?

最近ちょっとずつ猫猫と羅漢の距離が近づいている気がする!
以前はかなりいけ好かない人物なのかと思ったら、嫁大好き、娘大好きのかなりいい人でしたね!
結構魅力的な人となりをしていますから、また登場してくれたら嬉しいです!
あ、猫猫の羅漢に対する態度は、以前猫猫が壬氏に取っていた態度に似ている気がする・・・
羅漢ももうちょっと時間をかければ、猫猫との距離を縮められるかも?

羅半もかなりすごくないです・・・?
数字に強すぎる・・・
羅の一族は変人だが、すごいって設定がありましたよね!
羅門と猫猫は医術、羅漢は才能を見抜く力、羅半は数字で、他の人は・・・?
羅半父は農業の才能とか?
羅半祖父、羅半母、羅半兄の才能も気になる・・・
というか、名前は・・・?

今回も猫猫の名探偵ぶりが発揮されていましたね!
どうしてこうも謎が解けるのか・・・
豊富な知識と閃き、そして観察力が重要なのかも!

そういえば、結局今回も子翠が登場しませんでしたね・・・?
生きている描写はあったのに・・・
見つかったら処罰されるから顔を見せないのかな?
それか何かの事件に絡んでまた登場する?
あ、猫猫が困っていると時に登場して助けてくれたらなかなか熱い展開!

今回のカラーページもいい感じでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です