薬屋のひとりごと5 日向夏 illustration しのとうこ 感想

薬屋のひとりごと5
日向夏
illustration しのとうこ

表紙の壬氏がかっこいい!
これはイケメン!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

人物紹介が追加されてました!
読む間隔が空いている人にとってはありがたいですね!
なんだか金庸の作品の人物紹介と雰囲気が似ている気がする・・・

蝗害ですか・・・
国を傾けるほどのバッタとはいったいどれほどの量なのでしょうか・・・
ちょっと画像検索をしてみたら埋め尽くすほどのバッタ・・・
こんな大量にバッタがいたら防ぐのも難しそう・・・

趙迂は意外と重要なポジションにいるのかな?
子の一族の生き残りで記憶喪失。絵が上手でその才能を使って既に稼いでいる・・・
実はかなりすごい子なんじゃ・・・
猫猫と一緒に暮らしているようですし、これは将来が楽しみですね!

右叫がモテるのもわかる気がします!
すごい気配り上手!
結婚はしていないのかな?
やり手婆の信頼も厚いようですし、年季の明けそうな妓女を勧められそうな気も・・・?
うーん、気になる!

火鼠の皮衣! なんだか響きがかっこいい!
それに燃えないのですね!
ただ石綿ですか・・・
長期間にわたって吸い込み続けると有害なんですよね・・・?
でも、燃えないというのはなんだかロマンがある・・・

毒菓子事件は気になりますね!
もしや毒入り菓子を食べさせて実験していたんじゃ・・・
一体だれが何のために・・・?
謎が深まる・・・

子翠はすごい!
母から翠苓を救ったり、茘国の膿を出したり、蝗害対策として蝗の本を後宮に残していたたり・・・
生き残ったような描写もありますし、また出てきてほしい!
猫猫や翠苓も喜ぶと思います!

白娘々は一体何者・・・?
アヘンを売っているからにはただの旅芸人というわけではなさそう・・・
水銀を飲んでいたようですし、かなり妖しい人物な気がする・・・
でも、キャラクターデザインはかなり好きです!
白い髪に赤い瞳っていいですよね!

左膳は猫猫の弟子になるのかな?
飲み込みも早く、基本的な薬の知識も持ち合わせているようですから将来はすごい薬屋になりそうですね!
右叫と左膳、右と左。
二人はコンビになったりするのかな?

毛毛とはお別れなのかな・・・?
やぶの実家に預けてきましたし、今後はそうそう登場できなそう・・・
可愛かったのに・・・

壬氏は変装してもイケメンですね!
いつもと雰囲気は違いますが、これはこれでかっこいい!
やけどの跡もいい味を出している気がする!
それと壬氏も嫁探しですか・・・
やっぱり猫猫のことが好きだったみたいですが、軽くいなされちゃいましたね・・・?
猫猫も嫌ではないと思うのですが、面倒事になるのを回避したかったのかな?
壬氏と結婚したら、羅漢をはじめ、一部の男性と大半の女性を敵に回すことになりますもんね・・?
デメリットの方が大きいと判断したのかもしれない・・・

里樹妃と馬閃はお互いに惹かれ合っているようですね!
ただ上級妃と皇弟のお付きですか・・・
これは許される恋なのかな?
でも、せっかく両想いなら結ばれてほしい!

猫猫と壬氏の恋の行方はいかに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です