葬送のフリーレン Vol.8 【原作】山田鐘人 【作画】アベッカサ 感想

葬送のフリーレン Vol.8
【原作】山田鐘人
【作画】アベッカサ

日常のような、非日常のような・・・
しれが葬送のフリーレンの魅力の一つですよね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

フリーレンの表紙っていつも魅力的ですよね!
夕暮れ時が美しい・・・
グラデーションっていいですよね!

フェルンは過激派ですねw
フリーレンを助け出すためなら鉱山を襲撃することもいとわない・・・
いや、これはもしフリーレンが危機に陥ったら全力で助けに来てくれるということ?
そう考えるとすごい頼もしいですね!

フリーレンは魔法を与えておけば大抵のことを許してくれそうですねw
というか、魔法って作り出せないのです?
卵を割った時に殻が入らなくなる魔法ってフリーレンなら作れそうな気が・・・
あくまで既存の魔法を収集するのが好きなのかな?

フリーレンのパーティーに入っているだけあって、シュタルクはかなり強くなってますね!
ゲナウと協力したとはいえ、二つ名持ちの魔族を倒すとは!
シュタルクもいつか有名な戦士になりそうですね!

フェルンも強い!
超遠距離狙撃ですね!
かっこいいです!
フェルンも名を残せそう!

フリーレンの活躍ももっと見たいな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。