葬送のフリーレン Vol.3 【原作】山田鐘人 【作画】アベッカサ 感想

葬送のフリーレン Vol.3
【原作】山田鐘人
【作画】アベッカサ

フリーレンだけいつも違う時間を生きている気がする・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

おお、次は僧侶を仲間にするのですね!
解毒の天才らしいですし、これは心強い!
これで4人そろいますね!
まだ増やしたりするかな・・・?

フリーレンもフェルンも実力を隠していたのですね!
魔族を殺すために自分の魔力を隠しているのですか・・・
魔力を隠す人間がいると知ったら魔族も対策を立ててこないかな?
いや、そのようなことをするのは今のところフリーレントフェルンだけのようですし、生き残れる魔族はいないかも・・・

服従の天秤強すぎませんか・・・?
これってフリーレンが持ったら最強なんじゃ・・・
でも、フリーレンは興味ないかも?
魔法の収集にしか興味ありませんもんね・・・?

魔族は心臓を撃ち抜かれても首を切り落とされても死ぬ。
弱点はほぼ人間といっしょなのかな?
違いは角と魔力の高さ、それに本能くらい?

フリーレン以外のエルフ!
長生きしているエルフは研鑽を積んでいるからみんな強いのかな?
過去に魔王がエルフを皆殺しにしようとした理由が分かった気がする・・・
放っておくと人間よりよっぽど脅威ですよね?

ヒンメルは勇者の剣を抜けなかったのです?
でも、ヒンメルは魔王を倒していますし、勇者なのでは・・・?
んー、勇者の定義が違う?
魔王を倒す人物=勇者ではない?
この世界を滅ぼす大いなる災いを撃ち払う勇者のみが剣を引き抜ける。
ヒンメルが倒した魔王は世界を滅ぼすほどの大いなる災いではなかったということでしょうか?
じゃあ、大いなる災いとは・・・?
誰なら引き抜けるのでしょうか・・・

フリーレンはヒンメルにもう一度会えるのでしょうか?
会えた後はどうするのです?
気ままに魔法の収集を続ける?
気になりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です