葬送のフリーレン Vol.2 【原作】山田鐘人 【作画】アベッカサ 感想

葬送のフリーレン Vol.2
【原作】山田鐘人
【作画】アベッカサ

やっぱり面白いです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

葬送のフリーレンとは通り名だったのですね!
しかも人を殺す魔法を改良していたのですね?
それが一般攻撃魔法になった?
いや、フェルンが教わっている魔法は特別なのかな?
フェルンは学校とかに行って魔法を学んだわけではありませんし、ありそう・・・

1人仲間が増えましたね!
このまま前回と同じように4人パーティーになるのかな?
でも、職業が偏っているような・・・
魔法使い、魔法使い、戦士ですもんね・・・
いや、フリーレンは元勇者一行で英雄ですし、勇者扱い?
それならあとは僧侶かな・・・

ああ、魔族は話の通じる相手ではなかったのですね・・・
言葉の通じる魔物ですか・・・
言いえて妙・・・
人を捕食するために進化した生物ってことなのかな?
じゃあ、魔族は人間の天敵?
人間と魔族が対立するもっともな理由かも・・・

フェルンはハイターと、シュタルクはアイゼンと関係がありますけど、勇者と関係のある人物もそのうち出てきたりするのかな?
もしかしたら、その人が最後の仲間になったり?
そういう展開も楽しそうですね!

幻影鬼は恐ろしい魔物です・・・
歴戦の人物でも大切な思い出を攻撃することは難しいかもしれない・・・
んー、逆に誰も大切な人物がいない場合どうなるのでしょうか?
見せる幻影がない?
フリーレンが見せられた幻影はヒンメルでしたけど、そのヒンメルは「撃て」って言っていましたよね?
幻影が必ずしも幻影鬼の有利に働くとは限らないのかな?
じゃあ、大切な人がいない人物でも何かしたら幻影を見せてくるのかも?

シュタルクが強い!
竜を一撃ですか・・・
魔族もシュタルクの一撃を受けたらただじゃすまなそう・・・

フリーレンも強い!
魔王を倒してから80年も経っているわけですし、フリーレンは以前よりさらに強くなっているのかな?
アウラは簡単に倒されそうですね?
いや、魔族も色々と研究を重ねたりしているようですし、アウラもフリーレンが生きていることはきっと知っているはず?
じゃあ、何かしらの対策を立ててきているかも・・・

もうフェルンはフリーレンと出会ってから8年以上?
勇者一行の冒険にもうすぐ追いつく・・・
その時フリーレンは何を思うのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です