落日 湊かなえ 感想

落日
湊かなえ

ジーンと来ます・・・
ああ、素晴らしい作品でした!

以下、ネタバレを含んだ感想なります!

ブロードキャストから作風が変わったのかな?
前回は青春で今回はミステリーでしたが、絶望するような終わり方ではなくグッとくるような終わり方でした!
帯に「今年最高の衝撃&感動作」って書いてありましたが、これはあながち間違いでもなさそう!

沙良さんはかなり悪い人だったのですね・・・
最初の印象で実はいい子なんじゃと考えておりましたが、昔長谷部監督と壁越しに会話した相手は力輝斗だったのですね!
もう力輝斗は千穂さんが死んでしまったことで生きることを諦めているようですが、長谷部監督なら立ち直らせることが出来る・・・?
この作品の後日談も読んでみたい・・・

千穂さんが既に亡くなっていたことにも驚きました!
ずっとお姉さんにメールを送っているとばかり・・・
すっかり騙されました!
湊かなえさんは騙すのが上手い・・・

それとまさか千穂さんと沙良さんが知り合いだったとは・・・
天才を貶める人となり・・・
可愛がられて育ったのにどうして・・・
いや、可愛がられていてもイケメンのお兄さんに敵わないのが悲しかったのかな・・・

脚本。そういえば、湊かなえさんは最初小説じゃなくて脚本を書いているってエッセイで読んだような・・・
その経験がこの作品に活きているのかな?

長谷部監督と真尋さんのお話が交互にあって、徐々にいろいろわかっていく展開がいい感じでした!
ちょっと焦らされている感じがいいですよね!
湊かなえさんはお話の展開のさせ方もうまい・・・

表紙も結構好きです!
映画のフィルムっぽいのいい感じ!
長谷部監督のお父さんが見た夕日もこんな感じだったのかな・・・
そう、お父さんと言えば!
結局自殺じゃなかったみたいですね!
これできっと長谷部監督も救われる・・・

最初は話がどこへ行くのかと思っておりましたが、どんどんピースがつながっていってかなり楽しめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です