碧血剣1 復讐の金蛇剣 金庸 岡崎由美監修 小島早依訳 感想

碧血剣1 復讐の金蛇剣
金庸
岡崎由美監修
小島早依訳

金庸の作品は当たりばっかり! いつも面白い!
主人公が無双する作品もいいですよね!
特に主人公が悪役に一泡吹かせたりするとスカッとしますね!

以下、ネタバレを含みます!

袁承志は最初からかなり強い!
穆人清、木桑道人、金蛇郎君の三人の武芸を身に付けているみたいですから、これは相当強そう!
今回は主人公をすさまじく追い詰める敵は出てくるのかな?
あと袁承志は江湖のことをあまり知らない人物のようですね!
これなら読んでいるうちに江湖のことを一緒に学んでいけそう!

金蛇郎君はかなりの重要人物だったようですね!
登場人物紹介を見たときは全然そんな風に思っておりませんでした・・・
一巻の大半が金蛇郎君と温一族のお話だったような気がします!
にしても温一族はかなりの悪者みたいですね・・・
そりゃ金蛇郎君も復讐を誓いますよ・・・

今作のヒロインは温青かな?
最初は安小慧かと思いましたが、話の流れ的には温青がヒロインっぽい!
そういえば、李沅芷や黄蓉も男装していたし武林には男装する人物が多いのかな?

続きがかなり気になっております!
全三巻のようですから、この後は結構急展開になりそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です