琥珀の夏 辻村深月 感想

琥珀の夏
辻村深月

ああ、いいですね!
すごいよかったです!
これは素晴らしい作品・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

すごいドキドキしながら読めました!
死体はミカちゃんなのか、ミカちゃんは本当にヒサノちゃんを殺したのか。
ハラハラするようなドキドキするような感覚っていいですよね!

まさかミライの学校の田中さんがミカちゃんだったのはびっくりです!
最初から下の名前だけで苗字を明かさなかったのはこういうことだったのかな?
下の名前打で呼ぶのもミライの学校内なら自然な感じがしますよね!
すっかり騙されました・・・

結局ヒサノちゃんの死因って・・・?
私も気になるところですけど、ヒサノちゃんのお母さんは拒否したんですよね・・・?
まさかヒサノちゃんの死因にお母さんが絡んでるとも思えませんから、本当にミカちゃんの意見を拒絶する気持ちで拒否したのかな・・・
辻村さんの中ではちゃんと決まっているのかな?

子どもがいて、奥さんの負担に旦那さんが鈍感だとハラハラしてしまう・・・
その手の作品でよく殺人とかが起きちゃうからかな・・・
瑛士さんは法子さんを元気づけてくれる存在でよかったです!

裁判を通じしてミカちゃんはシゲルくんや子供たちと向き合えるようになってきたのかな?
なんだかグッときますよね!
ああ、やっぱりいい作品だったとも思います!

真実が少しずつ明らかになっていくのっていいですよね!
ずっと気になったまま読めて楽しいです!
辻村さんの作品って好きだなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。