本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第五部 女神の化Ⅷ 香月美夜 イラスト:椎名優 感想

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第五部 女神の化Ⅷ
香月美夜
イラスト:椎名優

楽しい!
面白い!
最高です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

フェルディナンド様を救出できてよかったです!
それがずっと気がかりでした・・・
フェルディナンド様とローゼマインが組んだらもう怖いものなしですね!
ローゼマインの奇策とフェルディナンド様の詰めでゲオルギーネの企みを防げそう!
ただゲオルギーネはもうエーレンフェストの町に入り込むみたいで、ここからはかなりハラハラさせられそう・・・
いや、それはそれで楽しみ!

ああ、ゲオルギーネがエーレンフェストの固執する理由がよくわかりました・・・
アウブになるためにずっと頑張ってきていたのに、ジルヴェスターが生まれた途端ですもんね・・・
しかも、ジルヴェスターは遊んでばっかりで・・・
ローゼマイン視点だといい人なのですが、ゲオルギーネ視点だとすごいわがままな人って感じです・・・
視点によってこうも違うものなのですね?

ジルヴェスターとゲオルギーネ。
ヴィルフリートとシャルロッテ。
二人の関係ってちょっと似ているような・・・
シャルロッテもヴィルフリートのことをあまり快く思っていないみたいですし、それがちょっと心配の種?
でも、シャルロッテは厳しい教育を受けているわけでもありませんし、ゲオルギーネほど暴走はしないかな・・・

図書館都市の構想は面白そう!
図書館の横に研究施設。
うん、想像するだけでわくわくしますね!
ぜひ実現してほしいです!
でも、ローゼマインも言っていたようにローゼマインの野望は上手くいかないことが多いような・・・
また何かに阻まれて結局達成できずってなるのでしょうか?
んー、今回はフェルディナンド様も協力してくれそうですし、手元にはグルトリスハイトもありますからうまくいく?

もしかして、本好きの下剋上ももうすぐ終わりでしょうか?
エーレンフェスト防衛線が前編で次の巻で後編?
ゲオルギーネの企みを防いだとして、その後ちょこっとやってあと2巻くらい?
うう、終わっちゃうの寂しいです・・・
いや、続編の構想がどうとかって短編集に書いてあったような・・・
楽しみになってきました!

カラーページいいなぁ・・・
すごい好きです!
フェルディナンド様の優しそうな眼!
いいですよね!
とても魅力的です!

グルトリスハイトがあれば境界線も引き直せるようになりますし、ベルケシュトックとか他領が管理している土地もなくなる?
そしたらいろんな問題が解決しそうですね!
あ、王族は素直にグルトリスハイトだけを受け取りますかね?
ジギスヴァルト王子は権力志向ですし、グルトリスハイトだけもらっても周囲が納得しないからとローゼマインとの婚姻を無理にでもすすめそうな気が・・・
現ツェントがグルトリスハイトを持つ者に王座を譲ってもいいと言っていたことも気になりますね・・・
ローゼマインを殺してグルトリスハイトを奪い取るといったこともやるんじゃ・・・
あああ、ゲオルギーネだけじゃなくて、ジギスヴァルト王子のことも心配になってきました・・・

ゲオルギーネはフェルディナンド様の暗殺に関する情報をディートリンデからしか仕入れていないのです?
なんだか意外・・・
ゲオルギーネならディートリンデ以外の情報源も用意しておきそうなものですが・・・
今回はディートリンデがゲオルギーネの予想を上回ったということなのでしょうか?
これが後々ゲオルギーネの痛手になったり・・・

そういえば、ヒルデブラント王子はローゼマインのために色々と頑張ろうとしていたような・・・
伏線っぽい雰囲気もありましたし、ゲオルギーネをどうにかしてもまだまだ終わらないかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。