本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません ふぁんぶっく5 感想

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません ふぁんぶっく5

細かい設定とか読めていい感じでした!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

どのイラストもいい!
悲しいけれど、フェルディナンド様がアーレンスバッハへ行ってしまうあたりの表紙やカラーページのイラストが特に好きです!
椎名さんのイラストは素晴らしい・・・

今回の短編はリーゼレータのお話でしたね!
どうやら婚約していたようです・・・!
でも、春の終わりって何があったんでしたっけ・・・
あ、王族との婚約?
本好きの下剋上の年表が欲しい・・・

レティーツィアはすごいローゼマインに似ている気がする!
ちっちゃくて髪が長いからそう思うだけかな?
金色碧眼らしいのでカラーで見たらだいぶ印象が違うかも?

ディートリンデの髪型がすごかった・・・
あの状態で卒業式に出たのですね・・・
すごい動きづらそう・・・
でも、確かに注目は集めそうですねw

Q&Aのボリュームがすさまじかったですw
香月さんはすごい設定を練っているのですね!
面白い作品というのはやっぱり設定に凝っているお話なのかな?

ゆるってふわっと日常家族だけの本とか出ませんかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です