新しい肖像 マンガ&物語で読む偉人伝 渋沢栄一 津田梅子 北里柴三郎 感想

新しい肖像 マンガ&物語で読む偉人伝
渋沢栄一 津田梅子 北里柴三郎

新しい紙幣の顔になる方たちですね!
どの方もすごいです!

渋沢さんは色んな企業を立ち上げたみたいですね!
今でもある有名企業の創立に関わっているとは・・・
さらに人のために動ける姿勢がかっこいいです!
いや、偉人になるような人はみんな人のために動いた人たちなのかな?
ということは、偉人になる条件は人のために尽力すること?
んー、現代でも偉人はいるのでしょうか?
今活躍している方たちで何十年後かに功績が認められて、偉人になる?
そうなると後世に強い影響を与えた人が偉人になれるのかも!

津田さんは教育者だったのですね!
しかも男尊女卑の時代に女性の地位向上に努めた功績はすごいです!
偉人になるような方は激動の時代に生きている?
ピンチをチャンスに変えられた人が偉人になれる?
この本は偉人についていろいろと考えさせられます!

北里さんのおかげで伝染病の拡大が防がれたようです!
すごい研究熱心だったようで、努力の人って感じですね!
偉人というのは激動の時代に生きていて、人のために動き、努力の惜しまない人がなれるものなのかも!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です