“文学少女”と飢え渇く幽霊 野村美月 感想

“文学少女”と飢え渇く幽霊
野村美月

やっぱり面白い・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

“文学少女”シリーズはややホラー調のミステリーって感じですね!
昔自殺した人やら幽霊やらが登場していますよね!
次回はどんな感じになるかな?

暗号は「か」から始まる五十音に番号を振ったものでしたか・・・
全然わからなかった・・・
暗号解読のプロとかならすぐわかったのでしょうか?

合間合間に書かれていたのは麻貴さんが書いたものだったのですね!
麻貴さんは情報提供者であって、話の核には絡んでこないかと思っていたのですが、まさかの展開でした!
今後はどうするのでしょうか?
まだ遠子先輩のことを狙っているようですし、今後も条件付きで情報を提供してくれる?

ああ、血のつながった父親ですが、雨宮さんは黒崎さんを愛してしまったのですね・・・
んむ、なんて残酷な運命でしょうか・・・
雨宮さんが幸せになれる未来はあった?
流人くんならもしかしたらと思いましたが、雨宮さんが色んな男性とお付き合いしていたのは黒崎さんを感じるためなんですよね・・・
あんなにモテる流人くんでさえ、雨宮さんの気持ちを動かせなかったのですから、黒崎さん以外の男性じゃ無理だったのかも・・・

琴吹さんは何か知っています?
まさか心葉くんの正体に気付いているんじゃ・・・
でも、どうやって?
世間で覆面美少女作家ということになっている井上ミウの正体を知るのはそうそう容易じゃない気がする・・・
中学生のころから知り合いという訳でもないようですし、実際のところが気になる・・・

毎回実際に存在する本の内容をなぞるような謎が題材になるのでしょうか?
既に様々な本を読んでいる方は謎が解きやすくなるかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です