“文学少女”と恋する挿話集 4 野村美月 感想

“文学少女”と恋する挿話集 4
野村美月

みんなの後日談があってかなり楽しめました!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

また菜乃ちゃんが登場するとは!
かなり好きなキャラクターなのでまた登場してくれて嬉しいです!
遠子先輩も心葉くんにかなり影響を与えたと思いますが、菜乃ちゃんも負けていない気がする!
遠子先輩と菜乃ちゃんの出会う順番が違ったら文学少女の結末はまた違っていたかも・・・
とちょっと思いましたが、遠子先輩の存在なしに菜乃ちゃんは心葉くんに惹かれなかったわけですし、出会う順番が違ったら心葉くんと菜乃ちゃんはそもそもお互いを認識していないかもしれない・・・
ああ、菜乃ちゃんと心葉くんは結ばれない運命でしたか・・・

心葉くんがかなり嫉妬している!
まだ自分の気持ちに素直になれないころみたいですけど、遠子先輩のことをかなり意識していますね!
菜乃ちゃんはの件は残念ですが、やっぱり心葉くんと遠子先輩は相性ばっちりな気がする!

表紙は美羽さんでしたか!
本編に登場したときは既に髪が短かったので最初は誰かと思いました・・・
髪が長いということは中学生時代?
うーん、かなり大人びている・・・

ああ、心葉くんは天然のたらしかもしれない・・・
冗談とは言え、遠子先輩の薬指に指輪をはめるとは・・
これは遠子先輩も心葉くんのことを意識しちゃいますよね!
他にも琴吹さん、美羽さん、菜乃ちゃん、魚谷さん、舞花ちゃんもですし、心葉くんはすごいモテる!

美羽さんは以前あんなに心葉くんに執着していましたが、もう吹っ切れたみたいですね!
ちょっとずつ芥川くんに惹かれているようですし、次の恋に進めてよかったです!
なかなか素直になれないようですが、芥川くんとなら二人のペースで関係を深めて行けそうですね!

琴吹さんもついに吹っ切れた様子!
本編では心葉くんに約束をすっぽかされた上に振られ、見習いの方では菜乃ちゃんに押され気味・・・
なんだか不遇な立ち位置でしたが、琴吹さんも新しい恋へ進めそうですね!
今度は上手くいくと良いな・・・

やっぱりSSって楽しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です