成功している人はなぜ神社に行くのか? 八木龍平 感想

成功している人はなぜ神社に行くのか?
八木龍平

この本を読むと神社に行きたくなりますね!

成功している方は神社へ行く傾向があるのかな?
これは感謝や貢献の気持ちを忘れてはならないっていう教訓なのかも!
確かに感謝することは大事って多くのビジネス書に書いてある気がします!

貢献はとてもすてきな考え方だと思いました!
誰かにために働くってスタンスで仕事をすれば、自己肯定感は高まりそうですし、自分は人に必要とされているって感じられそう!
神社へ行くとそんな気分になれるのかも?

八木さんによると神様は私たちの思いが集合した存在なんだそうです!
思念体みたいな感じなのかな・・?
なんだか物語に出てきそうな設定・・・
ん、幽霊って生前の思いが現世にとどまり続けるような存在ですから、ある意味神様になるのかな・・・
それに付喪神は?
確か付喪神って長年使ったものに命が宿るっていう妖怪でしたよね?
あれ、妖怪? 神様?
どっちでしょう・・・?

神様もいつか科学で証明されたりするのかな?
あ、そういえば、科学に精通していけばいくほど、神様の存在を信じざるを得ないようになるって話があったような・・・
神様の存在を証明することが科学の最終目標になるのかな?

神様の存在を感じ取れる方ってすごいです!
八木さんのような方が研究者ならいつか神様の存在を証明できるかもですね!
あ、霊能力者たちが研究を進めたらそのうちだれでも神様を視認できる装置とか開発されないかな?
ロマンがありますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です