憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 9 原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ) 構成/竹内良輔 漫画/三好輝 感想

憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 9
原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)
構成/竹内良輔
漫画/三好輝

フレッドがかっこいい!
外見もそうですが、中身もかっこよかったです!

お茶会でのフレッドの発言はイケメンでした・・・
なんだか天然でやっているような雰囲気でしたし、これは知らず知らずのうちに女性を虜にするパターン・・・
そういえば、ホームズには恋の予感をさせる人物がいますが、ウィリアムサイドにはあんまりそういう女性はいませんね・・・?
言い寄ってくる女性たちは美人さんばかりだと思うのですが、自分を犠牲にしてまで世界をよくしようとする方たちですから恋とかは考えてられないのかも?

そういえば、お茶会でホストの屋敷に無断で入り込むって許されるのです・・・?
お茶会に招待されるからには貴族なのでしょうが、あんなことしてもあんまりとがめられないのかな・・・?
あ、貴族といえどその中にもまた階級がありますよね?
モリアーティ家より格上なら多少は許されるのかも・・・
ふむ、アルバートやウィリアムに近づくためとは言え、なかなか大胆なことをしますね!

裁判のお話は面白かったです!
格上を倒すお話好きです!
なんだかジャイアントキリングみたいです!
でも、ウィリアムの場合すさまじく頭が切れますから完全に格上とも言えないのかも?

しばらくはミルヴァ―トンさんが敵になるのですね!
ということはホームズはお休みかな?
いや、ウィリアムならホームズとミルヴァ―トンさんをぶつけそうですね・・・
あ、そういえば、実際ミルヴァ―トンさんとホームズってぶつかってましたもんね?
これはウィリアムの策略によりホームズとミルヴァ―トンさんを戦わせるということですか!
それはありそう・・・

ホワイトリーさんはどうするのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です