憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 5 原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ) 構成/竹内良輔 漫画/三好輝 感想

憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 5
原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)
構成/竹内良輔
漫画/三好輝

今回の表紙はアルバートでした!
ワインをわざとこぼしているようですが、もったいないように感じるのは私だけ・・?

以下、ネタバレも含んだ感想となります

ルイスがちょっと嫉妬してましたね!
ホームズがウィリアムに対して馴れ馴れしいのが気に入らないみたいです!
これは嫉妬したルイスが暴走してホームズにちょっかいをかけちゃう感じじゃないかな・・?
そしてホームズに感づかれると・・・
さらにその失態をウィリアムが許す、そんな展開になりそうな感じ?
いや、あの天才ウィリアムの弟ですからそんなことはないかも?
仮にルイスが行動に移そうとしても途中でウィリアムが気付いて止めそう!

ウィリアムとホームズの推理合戦はウィリアムの方が一枚上手だったようですね!
と思ったらウィリアムはちょっとずるいことをしてたみたいです!
ややグレーゾーンっぽい方法でしたがウィリアムらしい!
原作の主人公はホームズですが、この作品の主人公はウィリアムですから花を持たせた感じなのかな?
でも、いつかホームズに追い詰められちゃうんですよね・・・?
ライヘンバッハの滝で実はウィリアムも生きていたって結末にならないかな・・?

4巻で出てきたミスターホームズはやっぱりマイクロフトだったのですね!
確かにお役人様だったような気もしますが、悪い人だったかな・・・?
ホームズよりすごい頭脳を持ってるけど、事件解決にはあんまり積極的じゃない探偵ってイメージでしたが、気のせい・・・?
んー、ホームズがライヘンバッハの滝に落ちたと見せかけて身を隠していたときも資金を預かったりしてくれてたのはマイクロフトでしたよね・・・?
マイクロフトの今後の行動が気になります!

アイリーン・アドラーも登場しましたね!
ホームズを出し抜いた数少ない人物の一人でしたね!
ふむ、憂国のモリアーティでもホームズのことを出し抜くのかな?
原作では「ボヘミアの醜聞」にしか登場しませんでしたが、結構キャラが立ってますし今後も出てきそうな雰囲気がありますね!
ハドソンさんが夫人じゃなくなっていたり、マイクロフトが悪人風だったりなどアレンジも加わっているようですからあり得なくはなさそう!

ホームズがアイリーン・アドラーの家を訪れる際の口調は知的でかっこよかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です