憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 3 原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ) 構成/竹内良輔 漫画/三好輝 感想

憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 3
原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)
構成/竹内良輔
漫画/三好輝

ウィリアムもなかなかにかっこいいのですが、ルイスもかっこいい!
ルイスには眼鏡とスーツが良く似合う!

以下、ネタバレを含みます!

「憂国のモリアーティ」のホームズはちょい悪ですね!
原作ではちょっと変わった紳士って感じだったので、ちょっと新鮮です!
あと呼び方も原作とは違いましたね!
ホームズ、ワトスンと呼び合っていたのでファーストネームで呼び合っているのはやや違和感!
でも、仲が良さそうでいい感じです!
それとコナン・ドイルがワトスンくんのペンネームになっていたことに驚きです!
原作ではワトスンくんの一人称で描かれていますし、これは上手い・・・!
原作と比べてみるのも一つの楽しみ方かも!

バスカヴィル家の犬!
これも原作にあったお話ですね!
それの前日譚って感じ?
話の大筋は原作に従って細かいところにアレンジを入れていく手法は素晴らしい・・・!

一応タイトルは「憂国のモリアーティ」となっておりますが、ホームズも主人公のような扱いですね!
やっぱり原作の主人公をないがしろにすることはできないのかな?
なんだかダブル主人公って感じで好きです!

それにしても英国の貴族はだいぶ腐敗している・・・
実際はどうだったのでしょうか・・?
その当時のロンドンではそんなことが本当に起きていたか、そんな噂が流れてもおかしくないような状態だったのかな?
もしそうだとしたらロンドンって怖い・・・
ロンドン市民にとってホームズは希望の星ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です