憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 1 原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ) 構成/竹内良輔 漫画/三好輝 感想

憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 1
原案/コナン・ドイル(「シャーロック・ホームズ」シリーズ)
構成/竹内良輔
漫画/三好輝

あのホームズの宿敵が主人公の作品!
ホームズを読んだ身としてはなかなかに惹かれます!
でも、以前見たモリアーティ教授のイラストとはだいぶ違いますね・・・?

以下、ネタバレを含みます!

イケメンのモリアーティ教授!
そして原作同様かなり頭の切れる人物のようです!
しかもやや良心がある様子です!
ただし犯罪に手を染めていることは変わりないみたいです・・・
基本的に困っている人を助けているようですが、その手段が人殺しとは・・・
貴族の横柄な態度が許せないみたいですね!
この作品を読んだ後にまた原作でモリアーティ教授の登場するお話を読んだらまたちょっと違うのかも?

完全犯罪って響きがちょっとかっこいい!
あ、現実で起こったら困りますが、クライム系の作品もいいですよね!
この作品はどこまで描くのかな?
原作ではたしか最終的にライヘンバッハの滝へ落ちちゃいますもんね?
そこまで描く・・・?
主人公が滝に落ちて死ぬエンド・・・
原作に忠実ならバッドエンドは避けられませんね・・・

表紙でモリアーティ教授が銃を自分の頭に向けておりますが、なんだかペルソナ3をちょっと思い出しました!
にしてもモリアーティ教授はイケメンですね・・・
この作品に登場する人物のほとんどがかっこいい!
あのモラン大佐ですらかっこいい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です