憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 緋色の研究 竹内良輔 三好輝 小説/埼田要介 感想

憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 緋色の研究
竹内良輔
三好輝
小説/埼田要介

憂国のモリアーティの小説版!
小説が原作の漫画が原作の小説・・・?
なんだかややこしいですね・・・?

■犯罪卿の戯れ
そういえば、モラン大佐ってイカサマの名人なんでしたっけ・・・?
ウィリアムが認めるほどの腕前って常人にはとても見破れなそう!
自分もイカサマを使っていたとは言え、それを見破るジョンソンはなかなか・・・
手品(?)を披露するあたりウィリアムも割と楽しんでいたのかも!

■ルイスとアクアリウム
あのいつも冷静沈着なルイスが・・・!
アクアリウムに心を奪われたみたいですね!
正確にはウィリアムと名付けられたエンゼルフィッシュにですが・・・
アクアリウムって見てて飽きないので、みんなが夢中になるのもわかる気がします!
任務遂行のためとはいえ、魚たちを手放してしまったのはちょっと残念・・・
結局標的候補はシロだったのかな? それともクロ・・・?

■アルバートの飲み比べ
アルバートは人間なのです・・?
一体どうなっているのでしょうか・・・
モラン大佐が倒れるほどのお酒を飲んで平然としているとは・・・
もしかして酔えない体質なのかな?
そしてモラン大佐には一体どんな罰が待ち構えているのか・・・

■ジョンの冒険
ワトスンくんだけで冒険!
ホームズは釣れないと思ったら実はすべて作戦だったのですね!
そういえば、原作にもワトスンくんだけで出かけるお話があったような・・・

大抵はウィリアムとホームズがメインですが、今回は他のキャラクターの意外な一面が見れていい感じでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です