憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 禁じられた遊び 竹内良輔 三好輝 小説/埼田要介 感想

憂国のモリアーティ MORIARTY THE PATRIOT 禁じられた遊び
竹内良輔
三好輝
小説/埼田要介

小説版の第二弾!

以下、ネタバレを含んでおります!

■禁じられた遊び
ウィリアムとホームズが手を組むとは!
これは熱い展開です!
この二人が組んだらそうそう負けなそう!
実際お話の中では圧倒的でしたね!
少しずつホームズはウィリアムの策略に気づきつつあるのかな・・・?

■ショウほど素敵な商売はない
かなりいいお話でした!
ボンドの作戦は素晴らしい!
珍しく犯罪に絡まないお話だったような気もしますし、ハッピーエンド!

■永遠のこどもたち
ウィリアム達は子供のころからジャックをはめられるほどの策略家だったのです・・・?
これは確かに末恐ろしい・・・
後に犯罪卿と呼ばれるようになるのも納得です!

■ある夜の出来事
マイクロフトが登場!
あのホームズでさえマイクロフトにはかなわないのですね・・・
ん、マイクロフトなら犯罪卿の正体に気づけたりしないかな・・・
いや、気づけたとしてもマイクロフトなら見過ごしそうな気も・・・

キャラクターも増えていい感じですね!
特にジャックとボンドのお話を楽しめました!
三巻も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です