幼女戦記1 【著】カルロ・ゼン 【画】篠月しのぶ 感想

幼女戦記1
【著】カルロ・ゼン
【画】篠月しのぶ

軍事関係の用語や戦略って難しい・・・
でも、そのあたりに造詣が深ければかなり楽しめそう!

以下、ネタバレを含みます!

記憶を持っているというアドバンテージはだいぶ強い!
やっぱり情報を持っているというのは他の人より一歩先へ行けるのかも?
本好きの下克上でもまさにそんな感じでしたし、ターニャの今後が楽しみです!
記憶だけじゃなくて能力もすごいみたいです!
これは「蜘蛛ですが、なにか?」であった転生者ボーナスみたいなものなのかな?
情報もあり、能力もある。
もう最強といえるんじゃ・・・
でも、あとがきによるとハッピーエンドにはならないらしい?
確かにちょっと、というかだいぶ不穏な空気になってますし、バッドエンドの未来が濃厚ですね・・・
ターニャはどうなっちゃうんでしょうか・・・?
あの能力を持っていれば最悪一人でも生き残れるような気もしますが、そうでもないのかな?
ああ、帝国に栄光あれ・・・

ターニャが冷酷なのか軍人が冷酷なのか・・・
暴言がなかなか・・・
上を重んじるのはいいことですが、下を軽んじていいわけじゃありませんもんね・・・?
でも、味方としてはかなり心強いのかな?
あんなに優れた能力を持ってますし、カリスマ感がすごいあります!
信奉者とかも出てきそう!
ただ敵にしたら恐ろしい・・・

幼女って何歳まで幼女なんですかね・・・?
9歳っていうと小学三、四年生?
そして作中では少し時間が進んで11歳くらいまでになってましたから、もはや幼女と言えないような・・・?
ただターニャの外見はかなり幼いようで、その点では幼女なのかも!
年齢の割に身長が低い、前世の記憶がある、凄い能力を持っている、どんどんのし上がっていく、etc…
本好きの下克上と展開が似ている・・・
もしかしてこういう要素が流行っているのかな?

解説の文章がぼちぼち笑えました!
本編はやや硬い文章なのに解説は結構自由!
こういうギャップがいいのかも?
もっと解説入ってくれないかな・・・

ターニャは可愛らしい容姿なのに目つきが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です