幸せカナコの殺し屋生活 6 若林稔弥 感想

幸せカナコの殺し屋生活 6
若林稔弥

ああ、いつもいいところで終わる!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

若林さん話の区切り方が上手いです!
続きが気になっちゃいますね!
当てなかったとはいえ、アドちゃんに対して撃ちましたからこれで仲が完全にこじれる・・・?
ん、というか、あの状況下で誰にも悟られずに後ろに回り込むという芸当を披露しましたから、K=カナコさんだってバレないかな・・・?

アドちゃんは桜井さんに惚れているのですか・・・
結局アドちゃんを殺せませんでしたし、桜井さんはまた狙われることになるのかな・・・
それともこのままカナコさんがアドちゃんを殺す・・・?

桜井さんとカナコさん、結構いい雰囲気じゃないです?
桜井さんは素直になっていないだけでしょうか?
ちょっとそっけない・・・
カナコさんは桜井さんとの同棲状態をかなり楽しんでいるようですねw

カナコさん、アドちゃん、7ちゃん、ユイちゃんの関係はなんだか不思議ですねw
殺そうとしたり、一緒に飲んだり、一緒に桜井さんを殺そうとしたり・・・
このまま仲良しがいいけど、この先の展開がちょっと怪しげですよね・・・

アドちゃんの気持ちは本物ですね!
あそこまでして桜井さんと一緒になりたのですね!
でも、恋は叶わず・・・?
ちょっと応援したくなっちゃうけど、カナコさんにも桜井さんとくっついてほしいし、悩ましいところです・・・

枠外が黒のシーンって好きです!
かっこいいシーンが多いですよね!
6巻ではカナコさんが消えて、みんなが驚いているシーンが特に好きです!

表紙のカナコさんの目がハートになっているのはふふってなりましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です