幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く 岡本一志 感想

幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く
岡本一志

善い行いをすると自分に返ってくるそうです!
逆に悪いことをするとそれも自分に返ってきてしまうそうな?
どの結果にも原因があるみたいですね!

どうやら生まれつきというのはないらしく、努力によってどうにかなるみたいです!
ということはスポーツですごい成績を残している選手や、ノーベル賞を受賞した学者様はとても努力家ということなのですね!
確かに野球のイチロー選手もすごい努力しているという話を聞いたことがあります!

あとは習慣が重要みたいです!
継続、習慣は多くの本で大事だと言われてますね!
成功や幸せをつかむには何かを続けることがいいってことなのかな?
すぐ結果が出るかと言うとそうとも限らないそうですが、蒔いたタネは必ず実るそうです!
私が続けている習慣も何かにつながったりするのかな・・・?

人間関係で大事なことは人様の話をちゃんと聞くことらしいです!
聞き上手は愛され上手って言ったりしますもんね!
誰しも自分の気持ちに共感してほしいのかも?
それと相手に言った言葉は自分に返ってくるようです!
これを聞いて、金子みすゞさんの「こだまでしょうか」を思い出しました!
ということは、相手を褒めれば自分に返ってきて、さらに相手に返ってまた自分に返ってきて・・・っていう無限スパイラルに移行する?
これはすごそう!

一応仏教の教えを元に本を書いているようですが、良いことばかりが書いてありました!
さすがお釈迦様! 人々が仏教を信じたのも納得ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です