帝一の國8 古屋兎丸 感想

帝一の國8
古屋兎丸

一年生はだいぶ個性的ですね・・・?

以下、ネタバレを含む!

いきなり世界観が変わってしまったような・・・?
なんだか古見さんの学校を思い出しますね!
帝一の学校はエリートのみが入れる厳しい学校かと思っておりましたが、割と寛容的なのかな?
ん、ルーム長に任命されるような方たちですから、親御さんの権力もすごそうですし、そのあたりが関係しているのかな・・・?

弾くんは交友関係が広い!
総理大臣やその息子さんとも親交があるとは・・・
最初は菊馬が帝一のライバルかと思っておりましたが、これは弾くんの方がライバルとしてふさわしいのかも!
次の生徒会長を決める選挙で争うことになったら帝一はかなり苦戦を強いられそうですね!

羽生くん、将棋・・・
これは将棋の羽生善治さん・・・?
でも、顔は藤井聡太さんに似ているような・・・
もしかして他の一年生も誰かのそっくりさんだったりするのかな?

菊馬は相変わらず卑怯な手を使っている・・・
ヒールに徹する姿勢は尊敬ものかも?
政界で生き残るにはこういうやり方も必要なのかな?

夢島さんは本当に男性なんですよね・・?
とてもそうは見えない・・・
これが本気の女装?
生物学上は男性かもしれませんが、心は実際どっちなんでしょう?
であいもんの咲季くんみたいにちょっとストレス発散のために女装しているわけじゃなさそうですもんね・・・?
ということは夢島さんは心も女性なのかな?
それと光明は・・・?

高天原くんは目的のためなら手段を選ばないみたいですね・・・
そして菊馬は利用されそう・・・?
菊馬は洗脳されそうですし、今後の展開がちょっと心配・・・

久我くんはかなりいい子!
地域のみなさんからとても愛されているようですね!
菊馬に騙されているのがちょっとかわいそうな気も・・・
どちらかと言うと弾くん派についているのが一番ふさわしいような・・・

民主化っていいことのような気もしますが、帝一たちは反対と・・・
あ、これが既得権益ってやつ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です