屍人荘の殺人 今村昌弘 感想

屍人荘の殺人
今村昌弘

これは面白いです!
帯に大きく「史上初、デビュー作にして3冠!」と書いてありましたが、納得です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

■帯の紹介
————————————–
『このミステリーがすごい!』2018年版国内編第1位
<週刊文春>ミステリーベスト10 2017年国内部門第1位
『本格ミステリ・ベスト10』2018年版国内ランキング第1位
第27回鮎川哲也賞受賞作
史上初、デビュー作にして3冠!
15万部突破!
21世紀最高の大型新人による、前代未聞のクローズド・サークル
————————————–
素晴らしく魅力的な帯です!
色んなランキングで1位になったみたいですね!
それも頷けるほど面白かったです!

犯人は静原さんでしたか!
みんななかなかに怪しくて誰が犯人だか全然わかりませんでした・・・
犯人が分かった後もだいぶハラハラしてました!
いつゾンビが迫ってくるのか・・・
結果的に救出されたみたいでよかったです!

明智さんが死んでしまうのは驚きでした・・・
シャーロックホームズシリーズと同様に主人公は明智さんで、葉村くんがワトソン的な立場の語り手なのかと思っていたら、ゾンビが発生してすぐに襲われてしまうなんて・・・
確かにちゃんと死んだところを見たわけでもありませんから、実は生きていてなぞ解きをしてくれるのではと期待していましたが、結局ゾンビになっていたようですね・・・
しかも、あの土壇場で・・・
ああ、葉村くんにはだいぶつらい体験でしたね・・・

比留子さんの体質はまるでフィクションの探偵たちみたい?
偶然遊びに行った先で何か事件が起き、それを解決する。
他の探偵と違うことは、その体質を自他ともに認識しているという点でしょうか・・・
リアルにいたら本当に呪われているんじゃいかと疑われるような体質ですね・・・?

ゾンビが最初に出てきたときはミステリーというより、ホラーなのかと思いましたが、ゾンビを利用した推理小説でしたね!
ゾンビによるクローズド・サークルとは・・・
これは確かに前代未聞・・・
単純になぞ解きをするだけではなく、ゾンビがいつ侵入してくるかというハラハラ感もだいぶ楽しめました!

冒頭の手紙は生き残った比留子さんが誰かに班目機関を調査してもらったもののようですね!
これが最後のページからつながるってことなのかな?
というか、これで終わり?
班目機関の謎がちょっと残っているような・・・
重元くんもどこかに連れていかれたみたいですし、その後のこととか・・・
って考えていたら、ちゃんと続編があるみたいですね!
続編である「魔眼の匣の殺人」で真相が明かされるのかな?
ちょっと謎が残ると続きが気になりますもんね?
これは上手い・・・

表紙に写っているのは比留子さんかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です