少女終末旅行4 つくみず 感想

少女終末旅行4
つくみず

この作品のあとがきって好きです!
なんだか詩的なのと、ほんのり悲しいのがいい・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

昇降機ジェットコースター!
すごいスリルがありそう!
下手をしたら死んでいたんじゃ・・・

ぬこ可愛いです!
火薬とか燃料とかを食べちゃうなんて何者・・・
なんて考えていたらこの終末世界で生きている数少ない生命体の一種みたい?
どうやら核やら火薬やらを食べて分解できるみたいですが、いったい・・・?
言葉をしゃべっておりますし、もしかして人が作り出した生き物なのかな・・・
きっと人がほぼいなくなっちゃうような戦争は核戦争でしょうから、地球上の生命体のほとんどが被ばくしちゃって絶滅したのかも・・・
やっぱりアドベンチャータイムにちょっと似てる?

あのでかいロボットから放たれたレーザーの威力はすごかった・・・
あの兵器はたくさんありましたから、当時の戦争はすさまじいものだったに違いない・・・
「風の谷のナウシカ」に出てくる巨神兵にちょっと似てますね?

カメラの中にはかなりの写真や動画が詰まっていたようですね!
カナザワの恋人っぽい人や、まだ人がほとんどいなくなる前っぽい動画もあったり?
カナザワは一人でしたが、もしかして恋人は死んじゃってる・・・?
そう想像するとちょっと悲しいですね・・・

ぬことさよならするのは寂しかったです・・・
喋り方とか結構好きだったのに・・・
また出てきてくれないかな・・・

今回の表紙はちょっと怖い気がする・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です