小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記 原作藤子・F・不二雄 著辻村深月 感想

小説 映画ドラえもん のび太の月面探査記
原作藤子・F・不二雄
著辻村深月

面白いです!
ドラえもんと辻村深月さんのコラボは素晴らしい・・・

以下、ネタバレもあります!

本を開けてページを一つめくったあたりにどこでもドアが!
ちゃんとその部分だけはがせる様になっていて、奥にはドラえもんとのび太がいました!
凝ってますね!こういうの好きです!

内容はほぼ映画版と一緒ですね!
月面にウサギの王国を作って、エスパルたちと会い、カグヤ星を救って、地球に戻ってくるって感じですね!
あと文章が読みやすかったです!
子どもが読むことも想定してちょっと優しめの文章で書いてあるのかも?

表紙の肌触りがいい感じでした!
文庫本とかだと安く済みますが、ハードカバーにはハードカバーの良さがありますね!
ちょっと湊かなえさんの未来を思い出しました!
あれも肌触りのいい本だった・・・

そういえば、エスパルたちは異説クラブメンバーズバッジを付けて普通の人になりましたが、あれを外した瞬間に若返るのかな?
そしてまた付け直したらどうなるのでしょうか・・・?
外す前までの年齢になる?
それともまた0からやり直し・・・?
仮に寿命が来て死んじゃってもメンバーズバッジを外せば生き返るのかな・・・?
ちょっと謎の多い道具・・・

またドラえもんと辻村深月さんでコラボしてくれないかな・・・?
もっと辻村さんのドラえもんが読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です