子どもに語るグリムの昔話4 佐々梨代子・野村泫 訳 感想

子どもに語るグリムの昔話4
佐々梨代子・野村泫 訳

今回は灰かぶり(シンデレラ)とブレーメンの音楽隊が収録されておりました!
どちらも有名なお話ですよね!
結構楽しめました!

■ブレーメンの音楽隊
有名なお話ですが、実は私読んだことがありませんでした…
絵は見たことがあったので、動物が積み重なりながら音楽を奏でるお話だと思っておりました…
でも、実際は音楽要素があんまりないような気がします!
しかも、最終的にブレーメンへは行かないという…!
ちょっと笑ってしまいました…

■森の家
動物にも優しくってことなのかな?
二人の姉が地下室に閉じ込められ、女中として働かされるのはちょっと可哀そうだなと思いました…

■しらみとのみ
これは確かに子どもが喜びそうなお話!
徐々にセリフが増えていってちょっと面白かったです!
でも、最後はみんな溺れ死んじゃうのですね…?

■わらとすみとそら豆
これはちょっと不思議なお話だったような…
一番かわいそうなのはわら?
せっかく橋になったのに、二つに折れて川に落ちてしまうとは…
そしてわらとすみが川に落ちたのを破裂するほど笑うそら豆って…

■灰かぶり
シンデレラですね!
ディズニーのアニメーションにもありますが、内容がだいぶ違いました!
まず魔法使いが出てきませんでした!
あとカボチャの馬車も!
でも、大筋は一緒かな?
あ、いじわるな性格をしているとはいえ、自分の足を切っちゃうシンデレラのお姉さんがちょっと可哀そうかな…

■はちの女王
これも動物にやさしくしておこうというお話かな?
最後に蜂が王女様方の口の中を舐めるシーンはちょっと…
王女様方は嫌じゃなかったのかな…?
そういえば、上の兄二人もちゃっかり王女様と結婚してた!

■かれい
短いお話でした!
しかし、カレイの口が曲がっている理由は罰が当たったからだったとは…

■死神の名付け親
神様は不公平、悪魔はずる賢い、死神が唯一公平な存在?
たしかにちょっと納得できる考え方かも…
でも、医者は欲に目が眩んでしまったのですね…

■いさましいちびの仕立てや
これはなかなか面白かったです!
偶然とか運で主人公が生き残っているお話って割と好きかも!
ちょっとギャグ漫画っぽくて笑えました!

■金の毛が三本ある悪魔
題名がこれじゃなくてもよかったような…?
ただ王さまは自分の娘が可愛かっただけじゃないのかな?
可愛い娘は嫁にやれないですよね…
きっと娘を溺愛していたに違いない…

■マレーン姫
マレーン姫は苦難の連続でしたが、すべて乗り切りましたね!
でも、にせの花嫁が首をはねられるのはなかなか残酷…
グリム童話って結構えげつない描写が多いですよね…

短いお話も長いお話も楽しめました!
残りの2巻も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です