嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎 古賀史健 感想

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見一郎
古賀史健

これも話題作ですね!
話題になるものうなずける作品でした!

今までの心理学とはちょっと違いました!
根本から覆す感じ?
アドラーの教えはやや過激にも思えますが、これを実践出来たらだいぶ生きやすくなるのかもです!
地動説と天動説みたいな感じで、いつかこのアドラーの教えが常識となる日も来るのかな?

内容としては他人は他人、自分は自分って感じでしょうか?
人様の顔色を窺ってばかりいるとちょっと窮屈ですもんね!
確かに自分のために生きられたら自由でいいのかも!
この本のタイトルは秀逸です・・・!

心理学の本ですが、対話形式になっていて読みやすかったです!
青年がやや攻撃的な方でしたが、物語を進めるうえでは必要だったのかも?
それにしても哲人の落ち着きようがすごかった・・・
なんだか既に悟りを開いてそうな方でしたね!
物語の世界ではさぞ高名な方に違いない・・・

ユダヤ教の教えがぼちぼちでてきておりましたが、アドラーはユダヤ教徒だったのかな?
ユダヤ教の教えっていい教えが多いですもんね!
アドラーがユダヤ教に傾倒しててもおかしくない!
ちょっとユダヤ教の本を読んでみようかな?

これを読んだら変われるのかも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です