好きな子がめがねを忘れた 1 藤近小梅 感想

好きな子がめがねを忘れた 1
藤近小梅

にやにやが止まらない作品です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

目次が視力検査になっている!
こういうちょっとした遊びっていいですよね!
でも、下へ行けば行くほど見づらい・・・

目つきが悪いw
それもまた可愛いのですねw
好きな人のことは何でもよく見えちゃいますよねw

教科書に近すぎてもはや寝ているように見えますねw
というか、実際に寝ているシーンもありましたねw
三重さんはあんなに近づかないと見えないって相当芽が悪いのですね・・・

距離感が近い!
これはドキドキしちゃいますね・・・
小村くん的には嬉しいけど、心臓が持たないみたいな感じかな?

給食回はよかったです!
三重さんの微笑が魅力的!
これは小村くんも照れちゃいますよね!
結局じゃがいもばっかりなのは笑いましたw

目つきの悪い三重さんもいいけど、パッと目を開いた三重さんも可愛いです!
タイトル的に眼鏡を忘れることが多くなるのかな?
そうなると、眼鏡をかけた三重さんは逆にレア?

三重さんの天然発言でずっとにやにやしてしまいますw
小村くんが悶絶する気持ちもわかりますw
あ、あの天然発言で今まで勘違いとか結構されてたんじゃ・・・

むむ、三重さんも小村くんに惹かれている?
でも、自分の気持ちにまだ気付いていない?
こうやって少しずつ二人の距離が縮まっていくのかな?

コンタクト!
これは完全にトラップですw
見えていたのに、あんな至近距離で小村くんの顔を見ていたのですねw
というか、なんでコンタクトにしたのでしょうか・・・
あ、眼鏡みたいに落として無くすとかないから?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です