天地創造デザイン部 2 原作 蛇蔵&鈴木ツタ 作画 たら子 感想

天地創造デザイン部 2
原作 蛇蔵&鈴木ツタ
作画 たら子

冥戸ちゃんの趣味も好きですけど、キャラクターデザインも好きです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

今回の表紙もいいですね!
シマウマがとっても幸せそうな顔をしています!
ちょっとピンクがかっているのも綺麗です!
それにまんまる黄緑パンダも可愛い・・・
たら子さんの描く絵は魅力的です!

ケンタくんの描いた絵はすごかったですね!
30m級のあのような生き物いたらすごい怖い・・・
でも、3㎝台のは実在したのですね?
すごい不思議な生き物です・・・

象の耳は放熱板だったのですか!
遠くの音とかをよく聞くためとかって漠然と考えていましたけど、意外な用途です!
動物って面白いです!

コウモリは哺乳類で唯一飛翔できる動物だったのですね!
モモンガとかは飛んではいますけど、あれは「滑空?」
確かに「飛翔」だとコウモリ以外に思いつきませんね・・・

「本当にいる生きもの図鑑」にデザイナーが載っていたのは笑いましたw
デザイナーというのは苦労しているのですね・・・
もしかして、現実のデザイナーも作中のデザイン部と同じようにクライアントに振り回されているのでしょうか・・・?

え、ヘビに対抗するリスが・・・?
ヘビの特性をうまく利用するカリフォルニアジリスはすごいです!
うーん、動物の生態って本当にデザインされたとしか思えないようなものばかりですね?

笑えてお話も面白く、動物に詳しくなれる!
「天地創造デザイン部」は素晴らしい作品です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。