嘘解きレトリック 2 都戸利津 感想

嘘解きレトリック 2
都戸利津

探偵と刑事って切り離せないものなのでしょうか?

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ホームズにも多数の刑事が登場しましたし、コナンくんにも目暮警部、金田一少年の事件簿にも剣持警部がよく登場しますよね?
探偵だけだと捜査権限がないから?
現代なら警察から鑑識の結果などを回してもらえるかもしれませんし、登場人物の中に刑事がいた方が物語がスムーズに進むのかも!
あ、どちらにせよ殺人とかってなったら警察の出番ですよね・・・
話の流れ上、登場させざるを得ないっていう方が正しいのかもしれない・・・

わーいする鹿乃子さん可愛い・・・
鹿乃子さんは素直でいい子ですよね!
それと食に貪欲な鹿乃子さんも可愛いです!
特に背表紙のもぐもぐしている鹿乃子さんがとてもいい・・・

やはり祝先生はすごい・・・
少ないヒントからどうしてこうも真実へたどり着けるのでしょうか?
点と点とをつなぐ才能のある方が探偵になれるのかも?

貫二さんとリリーさんが仲直りできてよかったです!
あの場に祝先生と鹿乃子さんがいなかったら危うく誤解が生じたままお別れするところでしたね・・・
今回の事件は確かに色んな偶然が重なっていたような?
まさか、本当に・・・?

嘘が見抜ける能力によって落ち込んだり、人の助けになれたりと色々ですね?
人によってはうらやましくも思う能力ですが、鹿乃子さんには悩みの種の一つ。
んー、持っている人は持っている人なりにコンプレックスがありますよね・・・

ああ、鹿乃子さんの嘘を見破れる能力を逆手に取りましたか・・・
確かに鹿乃子さんが嘘をついていないって証明する方法がない・・・
うーん、あの嘘をついた方たちは以前鹿乃子さんによって何か被害を被ったということなのでしょうか・・・
人の恨みとは恐ろしいものです・・・

やっぱり祝先生と鹿乃子さんはいいコンビですよね!
事件もぼちぼち解決していますし、もしかしたら有名になりつつあるのかも・・・?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です