嘘解きレトリック 9 都戸利津 感想

嘘解きレトリック 9 都戸利津 感想

幻想的な表紙・・・
髪色のおかげか、背景のおかげか、鹿乃子さんがだいぶ大人びて見えますね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

あ、よく見ると鹿乃子さんは万華鏡を持ってますね!
背景も万華鏡を除いた時のもの?
これは描くのが大変そう・・・

史郎さんにだいぶ踊らされましたね!
呼び出しに加え、誘拐、さらに鹿乃子さんの説得まで・・・
史郎さんもだいぶ頭が切れますから、刑事か探偵かになっていたらすごい有名になりそう!

田打署持ちだからって祝先生はやりたい放題してましたねw
あ、でも、これって史郎さんの罠だったわけですからもしかして祝先生の自腹になるのでは・・・?
手痛い出費になりそうです・・・
と思いましたが、1000円ももらいましたし、全部帳消しになっているかも?

祝先生も同じ気持ち?
まさか佳乃子さんのことを・・・?
うーん、祝先生のことですから、鹿乃子さんのことをちゃんとわかっていそうな気もしますが、何か勘違いしていそうな気も・・・
どっちかな・・・

武上さんは実際嘘をついていたのでしょうか?
結局どうだったかは言いませんでしたが、言わなかったということは本当のことを言いたくなかったということ?
それとも武上さんなりの美学があって言わなかったのでしょうか・・・
んー、史郎さんと武上さんは少なくとも3年以上は一緒にいたんですよね?
3年も一緒にいたら多少の情は移ったりしないかな?
そしたら、逃げろって言うのはきっと本心ですよね?
素直になれなくて言わなかった、または嘘が混じっているかもしれないから言わないでおいたって考えたら救いがあるのかも・・・

祝先生ギリギリセーフ!
素晴らしいタイミングでした!
いや、まだ手をつかんだだけですし、助かったとは言えませんよね・・・
もしかしたら手が滑るなりなんらかのアクシデントがあって史郎さんが落ちちゃうかもしれませんし・・・
でも、嘘解きレトリックはハッピーエンドに向かいそうな感じなので、きっと助け出せますよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です