半熟作家と”文学少女”な編集者 野村美月 感想

半熟作家と”文学少女”な編集者
野村美月

ああ、ついに文学少女シリーズも完全に終わりですか・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

本編も楽しかったけど、番外編もかなり楽しめました!
もっと続きが読みたかった・・・
なにやら同じ世界観の続編があるそうなので、そっちも読んでみようかな?

髪を下ろしている遠子先輩は美人さんですね!
以前は美少女って感じでしたが、髪を下ろすとすごい大人の女性に見えます!
うーん、これはみんなの目線を集めるのも納得・・・

図書館でアルバイトをしていたお姉さんは菜乃ちゃんだったのですか!
快斗くんの回想を見る限り、菜乃ちゃんは遠子先輩に雰囲気が似ているという・・・
菜乃ちゃんもすっかり文学少女?
高校生から本格的に読書を始めて司書にまでなるとは!
文芸部、心葉くんとの出会いが菜乃ちゃんに大きな影響を与えたみたいですね!
快斗くんは遠子先輩の結婚報告を受けて失恋してしまったようですが、また菜乃ちゃんに出会えましたし、これはハッピーエンドですよね!

快斗くんと早川さんはいいライバルになりそう!
最初はあんなにいがみ合っていたのに、今はお互いを心配する仲にまでなったようですね!
そのうち薫風社の看板を背負う二大作家にまで成長したりして・・・
ふむ、快斗くんと早川さんのその後も読んでみたいです!

心葉くんと遠子先輩がついに結婚!
ああ、いいですね!
結婚式には大勢の人が集まりそう!

そういえば、心葉くんは全然出てきませんでしたね・・・
快斗くんがちょろっと見かけた程度でそれ以外は話に効く程度・・・
心葉くんと遠子先輩がいちゃいちゃしているところも見てみたかった・・・

文学少女シリーズはいい作品でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。