冷たい校舎の時は止まる(下) 辻村深月 感想

冷たい校舎の時は止まる(下)
辻村深月

これは面白い! 良作でした!
途中はすごいハラハラさせられたのに最後はすっきり爽快で終わった感じですね!
素晴らしい!

以下、ネタバレを含む!

ホストは深月だったのですね!
全然わかりませんでした!
私はてっきりホストは鷹野かと考えておりましたが、すっかり騙されました!
騙してくれる作品っていいですよね!
あとホスト=自殺した人物という図式も裏切ってくれたのでよかったです!

結局自殺したのは春子さんだったみたいですね!
ふうむ、いろんな重圧に負けちゃったのかな・・・?
春子さんも決して悪い人ではなさそうですが、ちょっと繊細だっただけ?
あ、最終的には春子さんが深月の中に残ったって解釈でよさそう?
そして最後に鷹野が春子さんを見かけたみたいですが、あの時点で深月は春子さんを許して解放したということ?
もう死んでいる人物なので現実に帰ってくるということはないのでしょうから魂だけ帰ってきたのかな?

菅原が榊だとは全く考えもしませんでした!
榊はてっきりもう名字かと・・・
これは騙されました!
榊はそうとわかった時点で演じていたのですね!
菅原の回想だけかなり長いと感じておりましたが、そういうことだったのですね!
菅原の回想から考えるに、大人しい方のヒロが鷹野で、そのおとなしい方のヒロと一緒にいた女の子が深月かな?
同窓会で深月が付けてきてた指輪は鷹野がプレゼントしたやつっぽいですね!
そんな昔のやつを大事に取っておいてくれる深月は鷹野が好き?
うーん、二人は付き合っているのかな?
お似合い感ありますし、そうだったら嬉しいな!
あ、回想に出てきたサトちゃんとはあれから本当に何もなし?
梨香には悪いのですが、榊はサトちゃんとくっついてほしいかな・・・

あ、結局作中の深月と作者の名前が一緒なのは関係なかった・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です