兇人邸の殺人 今村昌弘 感想

兇人邸の殺人
今村昌弘

面白いです!
そして、全然先の読めない展開です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

今回は巨人でしたか!
屍人荘の殺人シリーズは毎回ゾンビやら未来予知やら現実離れした存在が出てきますよね!
こういうオカルト?ホラー?的な存在のおかげで謎が深まっている気がします!
状況が複雑になって楽しい!

「追憶」でのケイさんは剛力さんかなと思っておりましたが、全く関係のない人でしたか・・・
まさかのケイさん=巨人!
葉村くんの考えと同様に筋骨隆々の体格からてっきり男性かと・・・
むむむ、今村さんは騙すのが上手です!

生き残りは裏井さんでしたか・・・
ずっと剛力さんを疑っておりました・・・
そして、裏井さんがコウタでしたか・・・
うう、「追憶」でのことを考えると悲しい気持ちになります・・・
裏井さんもケイさんもずっとつらい状況だったのですね・・・

超人計画ってなんだかキャプテンアメリカみたい?
でも、作中での超人計画は重くつらいお話でしたね・・・
もし不木さんが危ない実験に手を染めていなかったらキャプテンアメリカのような未来があったのでしょうか・・・

比留子さんが安楽椅子探偵!
いや、実際は逃げ出せない、動けない状態での推理でしたから、「安楽椅子」とは言いづらいかも・・・
探偵じゃなくて、情報提供者の方がすごいという考えは面白いと思いました!
確かに話を進めるために作者が与える情報を制御しているという面はありますが、いろんな人に聞き込みをして探偵に情報を与える人物もすごい!
この考えで行くと比留子さんと葉村くんはいいコンビですよね!

重元さんって誰でしたっけ・・・?
全然思い出せないので、ちょっと調べてみたら一作目の「屍人荘の殺人」に登場した人物で、事件解決後も行方不明になっている人。とのことでした!
うーん、全然記憶にない・・・
お話がつながっているので、また一から読み直してみるのもいいかも!

ゾンビ、未来予知、異形の巨人ときて、次回はどんな存在が出てくるかな?
幽霊とか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です