僕らはみんな河合荘⑩ 宮原るり 感想

僕らはみんな河合荘⑩
宮原るり

うーん、麻弓さんがどんどん妖怪化していく…
続きが気になりますね!
あと1巻で河合荘も完結!

以下、ネタバレを含みます!

シロさんは作家さんだったのですね!
でも、「城(じょう)しづる」と読ませるのは意外でした!
私はてっきり「城(しろ)しづる」かと思っておりました!
そしてシロさんは河合荘を出て行ってしまうのですね…
寂しくなりますね…
心配なのは麻弓さん?
なかなかシロさんが小説家だということを受け入れられないご様子…
そして河合先輩もシロさん=城しづるということを受け入れららず…
さらには河合荘を出て行ってしまう!?
あ、表紙河合先輩は笑顔が素敵でした!
いい笑顔…

林さんはわかっておりましたが、椎名も宇佐くんのことが好きだったのですね!
以前にそのような話が上がった際、微妙な反応だったので実は違うのかなと考えておりました!
いや、でも、どうなのでしょう…?
佐久間にも気がありそうな雰囲気も…
実際椎名は佐久間と合いそうな気がしますので、二人がくっつけばハッピーエンド?
林さんも黒川さんと上手くいくといいな…

終わりはハッピーエンドだといいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です