付加価値の法則 関野吉記 感想

付加価値の法則
関野吉記

ブランディングを付加?
これが付加価値の法則?

まずは社長が変わらないといけないのですね!
それから他の社員に浸透させていくと。
トップがお手本を見せる感じ?

ああ、以前成功した方法が次も成功するとは限らない・・・
これは確かに落とし穴かも・・・
学習が逆に仇となる?
同じ方法で通用するかはよくよく考えなければいけないのですね・・・

ふーむ、どの本でも時代の流れは加速していくと書いてありますね?
だからこそ常識もどんどん変化していく?
普通や常識がどんなものかどんどんあいまいになっていくのかも・・・

重要なのは教育!
ただ成果が見えるのに時間がかかるから辛抱強く投資しないと?
でも、辛抱強く投資した分リターンが大きそうですね!

企業理念ですか・・・
たしかにみんなが同じ方向を向いたらすごい力になりそうですね!
これもすぐには成果が見えなくて、浸透するのに時間がかかるそうです・・・
いや、どれも将来性に投資しているから?

大企業には大企業の、中小企業には中小企業のやり方があるみたいですね!
大きいと身動きがとりづらくなりますけど、資源や潤沢にありますね!
逆に小さいと資源はあんまりないけど、小回りが利く!
自分の会社にあった方法を採用すると良いみたいです!

あ、教育をするのは社員だけじゃなくて自分も?
お手本を見せるというのなら社長自ら勉強する姿勢を見せた方がいいのかな?
自分の能力も高められて、社員にもお手本を示せる。
一石二鳥ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。