人の心をつかむ15のルール レス・ギブリン著 弓場隆訳 感想

人の心をつかむ15のルール
レス・ギブリン著
弓場隆訳

読みやすいです!
ギブリンさんの文章が上手いのか、弓場さんの訳が上手いのかどっちかな?
それとも両方?

この本に書かれている内容ってリーダーに関する本の内容と似ている気がする・・・
リーダーっていうのは実力云々というより、好かれる方が大事なのかも?
そういえば、アンドリュー・カーネギーも自分より優秀な人をそばに置くよう言ってましたっけ・・・

相手に微笑みかけるといいみたいです!
笑顔が素敵な人って魅力的ですもんね!
ニコニコしていると自分自身も楽しくなりますし、一石二鳥かも!

他には相手の話を聞くことも重要みたいですね!
これはいろんな本に書いてある気がします!
人の最大の関心事は自分だそうで、自分の話を聞いてもらえたら嬉しいですよね!

好かれるためには反論もしない方がいいみたい?
イエスマンになれということではなく、相手の話を聞いて受け止めることが重要のようです!
自分が反論しなければ、相手も反論してこないのかも?
そうしたら、冷静に話し合えそう!

それとやっぱり褒めるのもいいことのようです!
いろんな本に褒めることの重要性が書いてありますから、これは真理なのかも?
コウペンちゃんがいろんな人に好かれる理由が分かった気がします!
ふむ、コウペンちゃんに似ていれば似ているほど、人好きのする性格なのかも?
それとリーダーへの適性もありそう!

ちゃんととお礼も言うこと!
そう書いてありました!
好かれる人は些細なことにもお礼を言うらしいですね!

そして最後に行動することの重要性も説いておりました!
知識は使ってこそ輝くものだそうです!
自分の得た知識を人様のために活用すると巡り巡って自分に帰ってくるのかな?

この本に書いてあることってなんだか聖人のイメージと似ている気がする・・・
聖人こそが魅力的な人となりなのかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です