ラプラスの魔女 東野圭吾 感想

ラプラスの魔女
東野圭吾

これも面白い!
東野さんの作品は当たりばかりです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ラプラスの魔女ですか・・・
物理法則をすべて理解して計算できる存在がいたら、この先の未来もすべて予知できる・・・
円華さんや兼人くんはどんな未来が見えていたのでしょうか・・・
知らない方がいいとのことでしたからきっと良くない未来だったのかな・・・

ラプラスの悪魔である兼人くんが誘導して円華さんもラプラスの魔女になってもらったんですよね?
兼人くんはどこまで計算できていたのでしょうか・・・
最後に円華さんが兼人くんを止めるところまで予知できていたのかな?
それに円華さんもラプラスの魔女ですから過去も知れますよね?
そうなると兼人くんの意図をどこまで理解していたのか・・・

そういえば、PSO2にもラプラスの悪魔って言うエネミーがいましたね!
PSO2のラプラスの悪魔も過去現在未来すべてを見通していたのかな・・・?
自らのバリアを破壊してしまうエネミーと一緒に出てきますが、一体どういう意図だったのか・・・
あ、もしやわざと負けるようにしていた?
結果としてマザークラスタのメンバーとアークスたちは仲良くなりましたし、そこまで見通していたのかも?
ん、物理法則すべてを理解して計算できる存在って全知なんじゃ・・・

あ、この物語の主人公って誰なんでしょうか・・・
タイトル通りならラプラスの魔女である円華さん?
でも、円華さん視点ってあんまりなかったような・・・
視点で言うと青江教授が一番多かったかな?
色々謎に気づいていましたし、円華さんの存在にも気づきましたから、主人公は青江教授かも!

竜巻で円華さんのお母さんが死んでしまうシーンは悲しかったです・・・
最後まで娘の心配をして・・・
ああ、いいお母さんでした・・・
円華さんがラプラスの魔女になりたい理由もよくわかります!
兼人くんや円華さんには暗い未来が見えているようですが、バタフライ効果を利用して上手く危機を回避できないかな?
危機が人為的なものなら円華さんを誘導したように戦争などを回避できるでしょうし、自然災害のようなものなら予め伝えて避難してもらえば被害は少なくて済むかも?
それとも私の想像していない別の何かでしょうか・・・
いや、ラプラスの魔女でも知らない方が良いというほどのことですからどうあっても回避できないことなのかも・・・

人魚の眠る家でも脳関連のお話が出てきましたが、東野さんは脳に詳しいのかな?
人間の脳には未解明の部分が多いそうですから、何が起きてもおかしくない・・・?
この技術がもっと世間に広まってラプラスの悪魔が増えたら世界はどうなるのかな・・?
なんかすごい大変なことになりそう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です