ユダヤの商法 世界経済を動かす 藤田田(デンと発音して下さい) 感想

ユダヤの商法 世界経済を動かす
藤田田(デンと発音して下さい)

ユダヤ人ってすごい方たちのイメージがありましたが、実際にすごいのですね!
ユダヤ5000年の歴史は伊達じゃない・・・

日本でマクドナルドを作った方みたいです!
それ以外でもかなりやり手の商売人みたいですね!
この本は新装版だったらしく実際は1972年に発売されたみたいですね!
それが今になって新装版が出るということはいいことが書いてある本に違いない!
良書の条件って新装版が出ることかな?
いや、時代を超えて愛される本が新装されるのかも・・・?

商売をうまく進める方法がたくさん書いてあったように感じます!
薄利多売ではなく厚利多売をを狙う方が儲かるみたいです!
なんだか当たり前のように感じますが、ターゲットにする層をちゃんと考えれば高い商品をたくさん売ることも不可能ではないんだとか!
お金があればあるだけ色んな事が可能になりますもんね!
いろんな本も買えますし、書斎を作るのも夢じゃないかも!

他には約束したらちゃんと守ることも重要みたいです!
仮に自分に落ち度がなかったとしても危なかったら損をしてでも約束を守る必要があると、ユダヤの商法では説いておりました!
何に変えても約束を守る姿勢を貫くことで信用を勝ち取れるんだとか!
いろんな本で信用性は大事だと言っていますから、これも一つの真理かな?
確かに信用がなかったら取引してもらえないとかもありそう・・・

それとしっかり休息を取ること、時間を大切に扱うこと等が書かれておりました!
これもビジネス関係の本ではよく書いてありますが、もしかしてユダヤ人の働き方から学んでいるのかな・・・?
何て言ったって5000年の歴史を持つ民族ですもんね・・・?
聖書には人生で困ったことが起きたときの対処法がのっているそうで、ユダヤ人は毎日聖書を読んでいるそうです!
あ、様々な自己啓発本、ビジネス書の原典とも呼べるものがユダヤ人にとっては聖書なのかも!
ふむ、私も聖書を読んでみましょうか・・・

そういえば、ユダヤ人は三か国語が基本なんだとか!
凄すぎる・・・
そんな有能なユダヤ人たちならたくさん儲けるのもそんなに難しくないのかな?
歴史の偉人でもユダヤ人が多いそうですし、一体他と何が違うのでしょうか・・・?
差別されてもめげない不屈の精神?
働くときに働いて休むときにちゃんと休むメリハリ?
はたまた聖書の力か・・・
聖書だけじゃなくてユダヤ人に関する本を読んでみても面白そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です