メイドインアビス MADE IN ABYSS 11 つくしあきひと 感想

メイドインアビス MADE IN ABYSS 11
つくしあきひと

気になることがたくさんです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ここから先はもう未知の世界!
何が起きてもおかしくない!
予備知識もないですし、初見殺しみたいな敵が出てくると詰むかもしれない・・・

あ、ライザさんの白笛の声も聞けるのですね!
ドニ。
何者でしょうか?
ライザさんの白笛になるくらいですから、ライザさんと親しかった人?

ファプタはリコ隊に正式加入?
戦闘メンバーが二人になった感じですね!
これは心強い!

あの先輩はすごい人?
単独行じゃ有名みたいですね!
どこの隊にも所属していないみたいですけど、それで6層まで?
やっぱりすごい人です!

名前すら知られていない未知の白笛。
それが巫女?
クラヴァリやテパステと関係のある人物みたいですね?
名も知られていない白笛、気になりますね!

時間が固まる?
時間の流れが地上と同じになるということでしょうか?
それにしても、他の白笛は色々知っていそうですね・・・

スラージョですか!
スラージョは女性だったのですね・・・?
てっきり男性かと・・・
第6層なのに、こんなに大掛かりなキャンプを作ってますけど、結構ここに滞在して長いのかな?

あ、言われてみればリコの隊は子どもだけですね?
今後も子どもだけ?
じゃあ、次仲間になるとしたらテパステかな?

んー、テパステたちがラストダイブしたのは、ジルオがまだ子供だったことから察するにかなり前ですよね?
それなのに、全然変わっていない・・・
地上での10年は本当に1年も経っていない可能性?
それならライザさんが生きている可能性もだいぶ高くなってきましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。