テイルズオブヴェスペリア 虚空の仮面 下 奥田孝明 感想

テイルズオブヴェスペリア 虚空の仮面 下
奥田孝明

これはハッピーエンドですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

レイヴンが心から仲間と思える人たちに出会えてよかったです!
ユーリたちと出会えなかったらあのままシュヴァーンとして生きて、アレクセイの手駒のままだったのかな・・・
んー、ユーリたちと出会えなかったレイヴンがザウデ不落宮で戦うイエガーだったのかも・・・

あ、ドンに託されたこともありますし、イエガーを倒すところまでやると思いましたが、階の御剣でエステルを助け出すところまででしたね?
イエガーを倒した後のレイヴンの気持ちがどんなだったか読んでみたかったな・・・
いや、もっと欲を言えば、デュークと対峙するところも読んでみたかったけど、それは本編でやっているから省略されたのかも?

そういえば、結局キャナリの恋人って?
本編では出てきてないですよね・・・?
もしかして、ゲームの方で分かるようになっているのかな・・・

ルブランたちはいい騎士です!
レイヴンを助け出してくれましたし、ザーフィアスが瘴気に包まれたときも下町のみんなを避難させてくれましたよね!
シュヴァーン隊には本当の騎士が揃っているみたいですね!

なんでアレクセイは変わってしまったのでしょうか・・・
かつては理想に燃えていましたよね?
やり方が強引なところもあったかもしれませんが、間違った道は進んでいなかったような・・・
アレクセイにも何かあったのかな・・・
アレクセイの過去が気になりますね・・・?

ドンかっこいいです!
しゃべり方もかっこいいですし、生き方もかっこいいです!
死んでしまったのはすごい残念ですが、ドンらしいと言えばドンらしい・・・
ドンが仮に生きていたらアレクセイも止められたのかな?

敵として登場するキャラクターの過去も結構気になりますよね!
ちょっと調べてみようかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。