テイルズオブヴェスペリア 虚空の仮面 上 奥田孝明 感想

テイルズオブヴェスペリア 虚空の仮面 上
奥田孝明

悲しい物語・・・?

以下、ネタバレもあります・・・

レイヴン辛すぎませんか・・・?
仲間たちが次々と死んで、最後に自分も死んだけど、カディスブラスティアで生き返る。
生の実感がない死人になっちゃうのも仕方ないですよね・・・

アレクセイは完全に悪い人という訳でもない?
帝国を変えたいという気持ちがありますし、そのためにもいろいろと努力をしているようでした!
どこかで道を間違えてしまったのかな・・・
その変化をレイヴンはどう思っていたのかな?

キャナリも死んでしまって・・・
レイヴンはキャナリに恋をしていたのですね・・・
もうすでに恋人がいましたし、一生叶わぬ恋ですか・・・
ユーリたちと出会った頃は以前のダミュロンのように飄々としていましたけど、心には常にキャナリがいたのかな?
そう思うとちょっと切ないですね・・・?

そういえば、結局キャナリの恋人って誰だったのでしょうか・・・
リビテースがちょっと怪しげでしたけど、明かされないまま?
まだ上巻なので下巻で明かされるのかな・・・

そういえば、シュバーンはレイヴンの本名とかではなく、完全に偽名だったのですね?
本編でダミュロンという名前は全然出てこなかったような・・・
もしかしたらゲームの方とかでちらって出てきたりしたのかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。