シャーロック=ホームズ全集4 恐怖の谷 コナン=ドイル/著 内田庶/訳 感想

シャーロック=ホームズ全集4 恐怖の谷
コナン=ドイル/著
内田庶/訳

面白かった…!
後ろの作品解説には、「最後の長編」と書いてあったので、今後は短編集みたいになるのかな? 今後も楽しみですね!
毎回毎回ホームズの活躍には驚かされますし、シャーロック=ホームズシリーズが世界で愛されているのも納得です!

以下、ネタバレを含みます!

ホームズは相変わらずすごい推理力でした!
最初の暗号もそうですし、よくわかるなぁと思いました!
鉄アレイの件などに関しては私もちょっと不思議に思ったくらいでしたが、ホームズは理由を探して追及してましたね! すごい!
あとついにモリアーティ教授の名前が出てきましたね!
何やら宿敵と聞いていたので、いつ出てくるかと楽しみにしておりましたが、ようやく出てきました!
この後も出てきてくれるのかな? 楽しみ!

最初はバーカーさんとダグラス夫人がダグラスさんを殺したのでは、と考えておりました! ダグラスさんも嫉妬していたらしいですし、結婚指輪も無いと来ていましたから!
今思えばミスリードだったのですね! すっかり騙されました!
さらにはダグラスさんが実は死んでいなかったとは…! びっくりです!
それにしてもスコウラーズの執念深いこと…
20年以上たっても忘れられないのですね…
ふーむ、刑務所に入ったことはありませんが、10年くらいいても改心はしないのかな? 逆に恨みが募るばかり?
うーん、人によるような気もしてきました…
結局ダグラスさんも殺されてしまいますし…、残念です…

ダグラスさんの回想と言いますか、ジョン=マックマードのお話もとてもよかったです!
なんだか一つの本で二つの物語を読んでいる気分です!
いや、実際にそうなのかも…?
警察に捕まってしまったり、住民に殺されたりしてしまうのではないかとすごいハラハラしっぱなしでした!
あ、いや、悪いことをしているような感じでしたので、その方がいいのでしょうが、ついつい主人公に肩入れしてしまいますよね!
今度主人公が悪者の物語を探してみようかな、楽しそう!

マックマードさんが婿入りか何かして名字が変わったのかと考えておりましたが、最初から偽名だったのですね!
ん、実際はどれが本名なのかな? バーディ=エドワーズ?
ジョン=ダグラスも偽名? ということは奥さんにも偽名で通していたということ…?
というか昔のイギリスでは偽名で生活することが可能だったということなのでしょうか? ちょっと不思議!

そういえば、シリーズものですが、巻によって訳者が違うのはどういうことなのでしょう…?
以前別々に訳したものをまとめただけなのか、毎回依頼する人を変えているのか、それとも複数の応募から一番よかったものを選んでいるのか、はたまた別の理由か…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です