シャーロック=ホームズ全集14 シャーロック=ホームズの事件簿(下) コナン=ドイル/著 矢野浩三郎 他/訳 感想

シャーロック=ホームズ全集14 シャーロック=ホームズの事件簿(下)
コナン=ドイル/著
矢野浩三郎 他/訳

ああ、ついにホームズの冒険が終わってしまいました!
嬉しいような、悲しいような・・・
でも、とても満足です!

以下、ネタバレを含みます!

■三破風館(内田庶訳)
家と家具をそのまま買い取りたいって言われたらびっくりしますよね!
そりゃあ、なにか裏があるのではないかと考えてしまいます・・・
メーバリ未亡人がホームズに相談したのは正解でしたね!
お話の最初にワトスンくんが言っていたように、素晴らしい幕切れでした!

■白面の兵士(福島正実 加藤喬共訳)
親友とはいえ、夜に窓から白い顔が覗いていたら怖いです・・・
シャーロック=ホームズのお話は時々ホラー要素がありますね・・・
実際にゴドフリーが重い病気ではなくてよかったです!

■ライオンのたてがみ(内田庶訳)
ダイイングメッセージというやつですね!
さすがのホームズも少し苦戦したようですが、見事解決いたしました!
ホームズも色々と本を読んでいるようですが、乱読家だったのかな?
ホームズの頭の中って確かにすごそう!

■引退した絵具師(矢野浩三郎訳)
強欲って良くないのですね・・・?
あとがんじがらめの生活だと嫌気がさしちゃうのかも!
奥様も参っちゃいますよね・・・
しかしアンバリさんはホームズを利用しようとするとは・・・
そう簡単にはいかないものですね?

■覆面の下宿人(福島正実 加藤喬共訳)
今回のお話はいつもと雰囲気が違いましたね!
以前に解決できなかった事件を犯人が話をするという展開!
たまにはこういうのもいいかも!
あと挿絵のロンダ夫人は確かに美人さんな気がする!
あ、顔はちゃんと見えないので雰囲気がって意味です!

■ショスコム荘(矢野浩三郎訳)
ふうむ、これが最後のお話みたいです!
相も変わらずホームズの推理は素晴らしかった!
一応考えられる予想から消去法でどんどん消していくのがホームズの推理らしいですが、いつも驚かせられますね!

ホームズのお話はどれも面白かったです!
これはホームズのお話が世界的に有名なのも納得ですね!
コナン=ドイル、素晴らしい作品をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です