キリンの運びかた、教えます 電車と病院も!? 岩貞るみこ文 たら子絵 感想

キリンの運びかた、教えます 電車と病院も!?
岩貞るみこ 文
たら子 絵

面白い題名ですよね!
動物の本かなと思って借りてきたら搬送の本でした!
キリン、鉄道車両、こども病院の移転の3例が紹介されておりました!
運ぶ背景も物語風に紹介されておりましたので、とても読みやすかったです!

以下、ネタバレになります!

まずは表紙にでかでかと描いてあるキリンさん!
うん、かわいい
好きな絵柄です! 優しい絵!

ケース1はキリンの「リンゴ」を運ぶお話でした!
まずはリンゴの生まれるところからお話が始まり、生まれたときは他のキリンと比べて一回り小さかったということでだいぶ心配されたみたいです! そのうえ、お母さんのお乳もなかなか飲めなかったらしいので飼育員さんはヒヤヒヤしておりました…!
飼育員さんの心配を他所に無事スクスクと成長できたようでよかったです!
でも、リンゴは他の動物園に引っ越しということでお母さんと離れ離れにならなければいけないようです…
理由としてはキリンは「絶滅危惧Ⅱ類」に指定されているらしく、日本で増やすしかないとのことでした!
なので、早くもリンゴは嫁入りが決まっていたようです!
あ、リンゴは女の子のキリンです!
実際にリンゴを移送し、無事上野動物園に到着できたようです!よかったよかった…
移送後、許嫁(?)のヒナタとも仲良くやれているようでした!
ハッピーエンドかな!

ケース2は鉄道車両を海外へ運ぶお話でした!
その鉄道車両は笠戸事業所というところで作られたそうなのですが、ファンの間で笠戸事業所はかなり有名らしいです! ふむふむ
そして運ぶ車両の数、なんと866車両! すごい数ですよね!
それをイギリスに運ぶというのですから、すさまじく大変そうです…
また運ぶにあたって解決しなければならない問題が山積みで一つ一つアイディアを出して解決していく様子は読んでいて楽しかったです!
お話の中でローロー船という大型の船が出てくるのですが、七階建てのビルと形容してあり、実際に見たら威圧感がすさまじそうだなぁと考えておりました!
そのあとのページに写真が載っておりましたが、七階建てのビルは決して言いすぎでないなと思いました…!

ケース3はこども病院の移転ですね!
今回のケースで一番難しかったのは子供たちを運ぶことではないでしょうか!
人命最優先のため、実際の救急車や埼玉県警にも協力してもらえることになったようです! すごい!
当日埼玉県警の方が通る道すべてを青信号にしてくれたのですが、そこは読んでいてとてもわくわくしました! ドラマとかにしたらすごそう!
他にも設備の運搬や設置などでアクシデントが発生したりしてハラハラしておりました…!

どの話もドキドキとワクワクがあったのでよかったです!
挿絵も綺麗でしたし、いい本でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です